吉澤ひとみさんのファンが綴るブログです。
更新 お知らせ

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
吉澤ひとみ卒業コンサート
一夜明けて…と、書きたかったんですけど、昨日は疲れやら睡眠不足やらで仕事を乗り切るのがやっとでした。
家に帰ってから更新の出来ずに寝てしまいました。
そういう事で、二夜明けてしまいましたが、正直そこまで実感がないというのが本音です。今日の朝も、SSAに向けて企画を進めてる気持ちで目が覚めました。詳しくは覚えてないけど、そういう感じの夢を見たのかな?
そして、目が覚めてから無事に卒業を見届けた事を思い出した。まだ僕自身は、そんな感じです。頭では理解してるんですけどね。
今後のよっすぃ~の活動や、新しい娘。を見て実感して、それが自分の感覚として馴染んで行くんだと思います。
今の心境はこんな感じです。
さて、書きたい事がいっぱいですが、全然纏まりません。何から書けばいいのか…



まず皆さんにお礼を言いたいです。
卒業セレモニー前の長い暗転で、白サイリウムは会場を白く染め、そして盛大なよっすぃ~コールが沸き起こりました。
その雰囲気の中で「その出会いのために」を歌う姿は、とても気持ち良さそうで、どこか切ない感じだったかな。
アンコールでも、同じく白サイリウムとよっすぃ~コールでした。
今までよっすぃ~が娘。として頑張って来たから、リーダーとして娘。を支えたから、だからこそここまで会場が一つになれたんだと思います。
1人のよっすぃ~ファンとして、たくさんのファンがよっすぃ~の卒業を見届けてくれる事を嬉しく思いました。
そして、企画者の1人として、皆さんの協力に感謝の気持ちでいっぱいです。
企画のサイリウムの配布を手伝って頂いたたくさんの方々、自分に協力してくれたたくさんの知り合い達、会場で白サイリウムを持ってくれた方々、そういうたくさんの人達の協力があってこその結果だと思いますし、単に白に染まったから成功って事じゃなく、そういう人達の思いが一つになり、それをよっすぃ~が感じてくれたからこその成功なんだと思います。
企画の活動を通して、いろいろと温かい言葉を頂いたし、身内ヲタ達が自分をしっかり支えてくれたりしたからこそ、自分は最後まで走り抜ける事が出来ました。本当にありがとうございました。
そして、一緒に走り切った企画の仲間達に感謝します。僕にとって普段から一緒にいる仲間とは違うけど、一緒に走った仲間だからこそ共有出来た思いがたくさんあったと思います。
企画者1人じゃ何も出来ないだろうけど、こうやって集まって協力出来たから、企画という形になりましたね。
ありがとうございました。

企画の成功もありますが、2007年5月6日さいたまスーパーアリーナでの卒業コンサートは最高のコンサートでした。
よっすぃ~は、最後の最後まで娘。である事を楽しんでいたし、最後までよっすぃ~らしかったと思います。
泣かない!って決めたら意地でも泣かない。しんみりせずに、ファンには楽しんで欲しいし盛り上げて行きたい。その為に、涙が溢れそうでも絶対にそんな顔を見せない。彼女は、そういう人なんですよね。
そして、最後までそういうリーダーでありましたね。
卒業セレモニーでも、よっすぃ~らしかったし、言葉を送るメンバー達も各メンバーらしい感じでしたね。そんなメンバー達にツッコミ入れて会場を沸かせる姿に、彼女がリーダーとしてメンバーしっかり見て接して来た事、メンバー達もそんなリーダーを信頼して来た事を感じました。
やっぱり、リーダーの卒業式って、その辺の重みがあるのかな。
セレモニーの衣装も、背中に大きな白い羽に赤いパンツ姿。スカートは苦手だから…って所が「らしい」ですよね。
そういう彼女だったから、僕も寂しいって気持ちにはならなかったんだと思います。もちろん涙は溢れ出て来たけど、自分も精一杯楽しもうと思って最後まで楽しめました。
よっすぃ~が泣かないから自分も泣かないって人はカッコイイけど、泣いてしまう自分も自分らしくていいかな。
よっすぃ~が大好きだから、自分の感情は素直に出していこうと思います、それが自分のスタイルだと思いました。

コンサートの構成も、要所を見れば最高だったと思います。
ソロをセレモニーに持って来て、そこから「I WISH」。予感はありましたけどね。
この曲が本命だと思う人が多かったと思いますが、ここは素直でしたね。
歌い終えて、1人残り挨拶からアンコールに上手く持って行った所は「さすが!」って感じでした。この辺がリーダーとしてコンサートでも纏めて来た手腕でしょうね。
そして、アンコール2曲の後に「青空が続くような未来であれ」。
I WISHでも泣かされたけど、青空は不意打ち食らった感じで、また泣きました。I WISHを歌った分、青空は歌わないんだと思ったので。
何というのか、この2曲に娘。としての吉澤ひとみを感じたんですよね。
よっすぃ~がリーダーとして作り上げた、今の娘。の象徴といえる青空、4期にとって象徴的といえるI WISH、この2曲を最後の舞台で聴けた事が最高に嬉しかった。
さらに、「通学列車」を卒業ツアーに持って来た事、追い出し曲に「ハピサマ」を使った事とか、よっすぃ~自身楽しかっただろうし、ファン側も嬉しかったですね。

なんとも文章が纏まりません(笑)
とにかく、気持ちは晴れやかな感じです。それも、先に書いた通りで、最後までよっすぃ~らしく駆け抜けてくれたからこそ。
そんな彼女に対しての感謝ってのが1番大きいですね。
7年間お疲れ様でした。そして「ありがとう!」。
一言で「ありがとう!」だけど、その中にいろんな「ありがとう」の気持ちがあって伝えきれない。
そう思うのは僕だけじゃなくて、よっすぃ~を見て来た多くの人がそうなんじゃないかと思います。
そんな人達と、今後の活躍も見て行きたいと思います。

と、今日はこれくらいにしますが、しばらくいろいろ書くと思います。
[PR]
by hiro_yoshizawa | 2007-05-08 23:12 | レポ感想、ヲタレポ