吉澤ひとみさんのファンが綴るブログです。
更新 お知らせ

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
企画など…
 よっすぃリング ~吉澤ひとみさんを応援するblogリング~  gatasリング ~Gatasを応援するblogリング~
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク
2006年 現場を振り返る 其の壱
早いもので今年も終わりが近いです。
いろんなブログで今年のヲタ活動を振り返ってるので、自分も振り返ってみようと思います。
秋ツアーの総括もしてないんですけど、今更な感じがする。基本的には、初日の厚木レポで書いてる感想なので割合。1年を振り返る中で軽く触れればいいかなと。

今年の現場参戦ですけど、詳しくは参戦歴を参照。こちらです。
数えてみると、足を運んだ現場回数は56回でした。
いつも思うけど、この数が多いのか?自分の周りで60、70、80くらいが普通に居るので全然多い気がしない(笑)
まぁ、新潟から動くのはホント労力が居るし、自分はこれくらいで限界です。新潟組でも、弟と大沢さんが50くらいなので、僻地在住では50くらいが限度なのかもしれません。

参戦内容の内訳ですが…



・娘。コン 28 (春16、秋12)
・ハロコン 6 (冬3、夏3)
・フットサル 6
・リボンの騎士 6
・亜弥コン 3 (春1、秋2)
・ハロパ 2
・なっちコン 1
・その他 4 (スポフェス、文化祭、雪まつり、なでしこリーグ始球式と試合観戦)

やっぱり多いのは娘。コンですね。まぁ、当たり前か(笑)
続いて、ハロコン、フットサル、リボンの騎士が横並び。フットサルの試合が娘。コン以上に参戦率は高かったりします。さらに、スポフェスもフットサル目当てだったし。
こうやって書いてみると、自分は娘。とガッタスを中心に動いてるって事が良く分かりますね。ていうか、分かりやすい吉ヲタでしょ(笑)
その他の、スポフェス、文化祭、始球式のよっすぃ~出演だから、56回の現場の内49回がよっすぃ~絡みなんですね。
やっぱり、僕ってよっすぃ~に一途なんですよ(≧∇≦)
ホントは、もっと他のイベントも行きたいんだけど、そこまで余裕がないのが実情なのです…

参加したのは、フットサルと、その他にあたるものは別として、ツアータイトルでいえば9ツアーですが、自分が参加したツアーを自分なりに評価してみます。
1.リボンの騎士
2.OTONA NO NAMIDA (松浦)
3.踊れ!モーニングカレー (娘。)
4.レインボーセブン (娘。)
5.おとめちっくBank (安倍)
6.進化ノ季節 (松浦)
7.全員集GO! (ハロー)
8.ハロ☆プロ パーティ~!
9.ワンダフルハーツランド

難しいけど、上記の通りになりました。
リボン≧松浦春>>>カレー>レインボーセブン≧なっち≧松浦秋…って感じです。
とにかく、上2つが抜けててカレーが単独3位、4~6は難しい所です。それ以降はハロコンだったりハロパだったりするので、単独のツアーには及ばない感じですね。

各ツアーごとの印象を簡単に。
●1.リボンの騎士
今年1番どころか、ここ数年で1番だったと思う。過去のミュージカルを考えて、ヲタのみんなも舐めてかかってた部分もあったと思うけど、ホントに度肝を抜かれた感じ。
娘。の凄さを改めて感じたし、娘。の力を宝塚プロディースで余すところなく引き出し高めたと思います。こういう娘。を見れて嬉しかった。

●OTONA NO NAMIDA (松浦)
これもホント衝撃的だった!
ハローであって、それはハローでは感じられない空間があったんですよね。
音の作りが自分好みだったり、生演奏の部分が自分の好みの曲だったりで、個人的にハマった。

●3.踊れ!モーニングカレー (娘。)
8人体制の娘。になってのツアー。
春コンに感じた構成面での手抜き感が払拭されてて良かった。しっかり聴かせるべき所は聴かせるといったメリハリがあったと思う。8人に少なくなったという事を考えて、しっかりと作られたコンサートだった。
セットリストも始めと終わりがしっかりしてて良かったと思う。

●4.レインボーセブン (娘。)
正直、僕はレインボーセブンというツアーをそこまで絶賛してないんですよね。それは、構成の段階で手抜き感を感じるから。
無色透明なままでで、あんな安易な見せ方をするってのが一例。それがマイナス印象。その反面、コンサートのベクトルを楽しませる方向に持って行ってる。SEXY BOYの振り付けなんかがその一例。
コンサートの質なら、亜弥コン、なっちコンにな遠く及ばないツアーだったけど、楽しさだけは今年1番のツアーだったんですよね。
自分も、伊達に16回も見てないって事で、僅差の4位。

●5.おとめちっくBank (安倍)
なっちコンに感じるのは、やっぱり彼女が作る独特の雰囲気の良さ。1番居心地が良かったコンサートでした。
そして、今年は圭織という最高のパートナーを得てのツアーだった事もプラスに働いたと思います。生演奏の部分の半分を圭織が歌ってる事からも、2人で作ったツアーって事が感じられる。

●6.進化ノ季節 (松浦)
正直、あんな良い出来なのに6位に来るのは申し訳ないんですけど、それだけ春の衝撃が大きかったんですよね。単純にパフォーマンスなら娘。より高いんだけど、松浦亜弥だから春コンを基準に考えるんですね。
違ったベクトルながらも、春と同じくらい良かった。春を美しかったと例えれば、秋はカッコ良かったとか力強かったという感じ。
あと、自分の好みの関係で春に及ばないって事もあるんですよね。

●7.全員集GO! (ハロー)
プッチで吉ヲタフィーバーだった(笑)
凄く良かったハロコンだけど、どうしても単独に比べると質が落ちちゃうのは仕方ない。
正月のワンダは、やっぱりこんなもんか…って感じでした。

●8.ハロ☆プロ パーティ~!
ハロパという表現をするなら、去年の方がバランスが良かった。どうしても、ごっちん色が強すぎてアンバランスだったんですよね。
Wとして、出れなかった事情もあるから仕方ないけど…

●9.ワンダフルハーツランド
やっぱりワンダだなw
ステージを工夫してきたのに、それもイマイチで、さらにののが落下というアクシデントも…
℃-ute、Berryzの曲が分からなかったり、曲が分からないハロコンは初めてだったかもしれない。

こんな感じ評価になりました。自分の好みが反映されるので、人とは違った部分も多いんじゃないでしょうか。
しかし、9ツアーも見てるのに、ハローでは半分程度ですよね。まず、ごっちん行けなかったは痛いし、Berryz、℃-uteはまったくスルー。メロンも新潟あったのに行かなかったしなぁ…
まぁ、吉ヲタとして動く以上、こればっかりは仕方ないですけどね。

振り返るシリーズ、続きます。
[PR]
by hiro_yoshizawa | 2006-12-24 11:37 | ハロプロ、ヲタ日記